「3.11天皇出席の震災追悼式典―全国一斉黙祷反対!集会・デモ」のブログ

3月11日の「政府式典と全国一斉黙祷」に反対するデモ・集会を行う「3.11行動実行委員会」のブログです。過去の行動報告、今後の行動案内、式典批判の論文・情報をお伝えします。

2020年3・11行動

3・11集会・デモ

政府・東電・電力独占の責任を隠ぺいし、原発を推進する「皇族出席の東日本大震災九周年追悼式典」・一斉黙祷反対!

被災者・被災地切り捨てと原発労働者棄民化の「復興五輪」反対!

 

日時:3月11日(水)12時~14時半
場所:星陵会館 4階4AB会議室
     東京メトロ永田町駅6番出口 徒歩3分/千代田線 国会議事堂前駅 5番出口徒歩5分 /南北線 溜池山王駅5番出口 徒歩5分
     /赤坂見附駅11番出口徒歩7分
講演
★「福島原発事故隠しの東京オリンピック・  パラリンピック天皇制」
   鵜飼哲さん(一橋大学教員)
★「重層的下請け構造と原発労働の実態」
   池田実さん(元原発労働者)
アピールあり
資料代:500円
▼デモ発 14時40分

主催:3・11行動実行委員会

連絡先:Fax03(3446)9058 http://hantenhangenpatsu.hatenablog.com mail:han3_11@yahoo.co.jp

参加・賛同団体

2020年「3・11行動」参加・賛同団体(2020年2月20日現在)

天皇制を考える会(静岡)/ひょうたん島研究会/全関東単一労働組合反天皇制運動連絡会/労働運動活動者評議会/労働者共闘/参戦と天皇制に反対する連続行動/ピリカ全国実・関東グループ/戦時下の現在を考える講座/茨城不安定労働組合/関西単一労働組合/警察の人権侵害を許さない会・三鷹/「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会/教科書ネットくまもと/千葉学校労働者合同組合/アジア連帯講座

2020年3・11行動への参加・賛同をお願いします。

政府・東電・電力独占の責任を隠ぺいし、原発を推進する「皇族出席の東日本大震災九周年追悼式典」・一斉黙祷反対!

被災者・被災地切り捨てと原発労働者棄民化の「復興五輪」反対!3・11を反天皇制・反原発の日に!「3・11行動」に参加・賛同を!

 

 今年の3月11日、福島第一原発事故から9年となります。今年も政府が「東日本大震災追悼式」を国立劇場皇嗣(こうし)・秋篠宮出席のもと開催することは明らかです。

 私たちは、天皇・皇族出席の政府主催の追悼式典が、原発事故の原因を未曾有の「天災」とすることで原発事故を引き起こした国家責任・原発企業責任(真相究明、謝罪、賠償、責任者処断)を放り出し、被害者も加害者もともに「日本国家の再興」「経済復興」「原発推進」を進めるものであるとして、毎年闘ってきました。

 原発事故から9年経ってもいまなお「原子力緊急事態宣言」継続中です。公衆の被曝線量は「年間上限1mSv」としながら、福島原発事故による「避難基準」を20mSvとして、年間20mSvの被ばくを強要しています。こうしたなかで、小児の甲状腺癌患者は200人を超え(「福島県民調査」)、除染や廃炉作業などの被ばく関連労働者の健康被害・労災も多発しています。また低線量被ばく(内部被ばく)による広範な住民に及ぶ深刻な健康被害は放置されたままで、東電はこれら住民・労働者の健康被害の責任をいっさい拒否しています。福島第一原発の労働は今後、溶融燃料取り出しなど高線量下での危険な作業が予定され、労働者被ばくの深刻化、そして棄民化が懸念されています。

核燃料冷却のため毎日増え続ける放射性物質を含む汚染水のタンクがこのままでは22年頃にも満杯になります。そのため政府や電力独占資本は海洋放出キャンペーンをヒートアップさせています。もちろん、放射線汚染水の海洋流出はこれにとどまりません。放射性物質は雨水や地下水という形で毎日、海に流出しています。

 今年は、安倍首相が2013年IOC総会で「福島第一原発事故はアンダーコントロール」という大ウソによって「勝ちとった」東京五輪が開催されます。政府は「復興五輪」と銘打って原発事故の収束、復興を国際的に打ち出しました。そのためには、原発事故被害者の補償要求や責任追及の声を「国益」に反するとして封じ込め、避難者への仮設・借り上げ住宅提供の打ち切りを拡大し、今年3月には、帰還困難区域からの避難者2700世帯以上の帰還を強要しています。また、今年3月全町避難が続く双葉町のJR常磐線双葉駅周辺など一部地域の避難指示解除を予定し、常磐線富岡―浪江間の運行再開、常磐自動車道双葉インターチェンジの運用開始など部分的除染によって復興を演出しています。聖火リレーのスタートは、「復興のシンボル」として原発事故の対応拠点としていた「Jヴィレッジ」に設定し、オリンピックで野球とソフトボールの一部試合を福島市でおこなうことを決め復興五輪をアピールしています。

 昨年は、近代天皇制下初めてとなる天皇の意志による「天皇代替わり」儀式が行われました。祝賀一色の翼賛体制の中で、天皇上皇皇嗣体制がつくられ、天皇制の強化・拡大がはかられました。今年は、最大の国家イベントであるオリンピック・パラリンピック天皇が、被災者に「寄り添う」姿と祈りを演出し、「国家元首」として世界に向っての開会宣言を行います。それは、原発事故責任追及を逸らし、「国難」と「復興」に立ち向かう一体化した「国民」の演出(国民融和)であり、天皇制と一体になった国威(ナショナリズム)の発揚にほかなりません。

終わりがまったく見えない原発事故とその被害の非人間性と世界性を隠蔽し続ける「東日本大震災追悼式」を断じて許せません。原発事故の国家・電力独占の責任を追及し、被災者・被災地切り捨てと、原発労働者の棄民化に貫かれた「復興五輪」に反対しよう。

 私たちは、今こそ皇族出席の原発推進・国家責任回避の「追悼式典」、一斉黙祷を許さず、「3・11」を反原発天皇の日にしていきましょう。

              2020年1月5日

              呼びかけ:反戦反天皇制労働者ネットワーク

                   「3・11 行動実行委員会」

連絡先:tel/fax 03(3446)9058  http://hantenhangenpatsu.hatenablog.com
mail:han3_11@yahoo.co.jp

 

----------------------------------------------------------------------------

 

 

3・11行動へ寄せられた連帯メッセージです。当日途中までしか紹介できなかったため、ブログでアップします。

「闇に消される」3・11事故の健康被害者・避難希望者に光を
「ゴーウエスト」園良太(2016年、東京→大阪へ単身避難)
 
今日の集会、体調不良で行けなくて残念です。3.11当日に反原発と反天皇を断固貫くみなさんに敬意を表します。
 私は2015年夏に心臓の不整脈を発病し、何度も倒れこみ、放射能のせいではないかと思って、悩みに悩んだ末に大阪へ避難しました。その後体調は回復し、反安倍政権、反天皇の活動や、原発避難者と仲間たちで活動する「ゴーウエスト」へ関わるようになりました。ここでは、天皇が今日の式典や震災で「被災者の前で祈る」演出によってごまかしてきた棄民政策とは何なのか、避難者や健康被害者の立場から告発します。
 
私たちは集会やデモだけではなく、昨年から避難希望者の支援を始めました。それは、国が避難者への住宅支援などを打ち切るだけでなく、健康被害の発病者や、新たに避難を希望する人やへの支援を本当に何もしていないからです。その結果、健康被害者も避難希望者も絶望的な状況です。
 私たちはまず避難移住の相談受付から始めました。電話・メールと、毎月第2土曜日に大阪天満国労会館での来所相談です。その後避難移住は下見から始まると自らの経験から考え、みなさんからのカンパで1人1回1万円の交通費を支援し始めました。またHPに相談掲示板を作り、被ばくの危険と避難支援を書いたパンフレットを東日本で配り始めました。
 すると、昨年末から相談が急増。話せる場を求めていることを痛感しました。また実際に関西に来られて、お会いし、知人宅に一時宿として連れて行ったり、関西を案内してきました。その誰もが、化学物質過敏症などの重い健康被害を追っています。健康被害が出て、特にアレルギーなどで「もう東にはいられない」と思った人から避難を考え、しかし病気ゆえに移動も家や仕事探しも大変という状況がよくわかりました。
 中でも最も深刻な例を紹介します。昨年12月、東京在住の母子が大阪へ相談に来ました。2013年に母のAさんが電磁波過敏症化学物質過敏症などを併発し、極度に悪化し、家財道具など全て住んでいたマンションに残したまま、母子で体ひとつで関西へ逃げてこられました。避難移住支援のバルーンを上げていたゴーウェストに連絡をくれ、お会いしました。ただ私たちも経験が浅く、交通費補助に加え、メンバーが自腹を切っての家賃支援から始めました。
 原発事故後にこれらの過敏症が急増しているのは、岡山の三田医師も臨床結果から指摘しています。チェルノブイリの文献にもかかれています。化学物質過敏症は、他人や自分の洋服についた合成洗剤や香水の香りだけで、あらゆる体調不良が出ます。電磁派過敏症は、電化製品、携帯電話、街の送電線やそれが集まる鉄塔、携帯の基地局などが近くにあるだけで、体中に痛みが走ります。同時併発も多いです。
 Aさんの電磁波過敏症は凄まじく、東京では「出産並みの痛さ」が何度も続いてのたうちまわっていたそうです。送電線の鉄塔や携帯基地局は、都会でも田舎でも必ず立っています。企業利益を優先する日本は規制がゆるく、その近くに簡単に家を建てます。そこでAさんは海辺などの安住の地を求めて野宿もしてきました。実はそうした患者たちはたくさんいるそうです。
 多くの健康被害の中で、過敏症はこうして住める場所が極度に限定されます。また携帯が使えないため連絡も非常に苦労しました。Aさんも多くの避難希望者も当然まだ関西に土地勘がなく、たまたま選んだ短期滞在マンションが鉄塔に近かったため、ますます体調が悪化。マンションの期限も迫っていたため、私たちは知人の家をさまざまに当たりました。
 そうした中、1月末に「野宿をしている」とメールが来て、私たちは「この寒さで野宿はありえない」と大慌てでカンパや住宅提供を呼びかけました。多くの方の協力を得て、感謝しています。Aさんはその後大阪府内で避難者を受け入れてきた保護施設に入りました。
 
Aさんが、ご自分で書かれた東京にいるときの症状と言うのを見せてもらいましたが、あまりにも凄まじく、よくぞ生きてこられた!と驚愕するばかりです。
 
理解されない辛さ。知ってほしい、という気持ちを受け、彼女の記録をいち部分ご紹介します。
化学物質過敏症電磁波過敏症、の症状は広範囲に症状が現れます。
それは、目、鼻、耳、口や喉、消化器、腎臓・泌尿器、呼吸器・循環器、皮膚、関節・筋肉、すべてに細かな様々な症状が書かれています。
以下、電磁波過敏症とみられる症状
「重症化してくると、電化製品が痛くて使えないコンセントを抜かないといられなくなる(痛くて)
頭の中に空気が入った感じがして、脳を指で触られている感覚や手で書き回される感じがする。そしてそれがものすごく痛い。部屋では平衡感覚がなくなり壁に頭をぶつけ、尻餅をつく。立ち上がろうとしても、左肩から転倒。右へ重心を傾けて立ち上がろうとすると止まらず壁へ頭をぶつける。どうしてもまっすぐ歩けず四つん這いで歩く。常に頭痛、耳の鼓膜の違和感と痛み、超音波の音が聞こえる。体が重い。
痛みについて
・耳と脳が貫通しているような今までにない初めての耳の奥の痛み。
・頭が割れそうな痛み。出産を超える炒めが24時間毎日続く。痛すぎて横になることもできず、座ることもできないほど痛すぎてその場で足踏みをしたり、一晩中部屋の中を歩きまわることが6日ほど続いた。痛すぎて大暴れしたくなる。ソファーを投げ飛ばしたり、窓ガラスを全部割尽くしたくなる位の痛み。
命に関わる1つの目安として、テレビが見れなくなると命が危ないところまで来ている。情報が少ないためにどのような状態が命に関わるかを知ることができない。
その他
家に入れない。車や電車に乗れなくなる。
東京に近づけない
車に近づけない
人に近づけない
すべて痛くて近づけない。」
以上
 
これらの人たちの苦しみは想像を絶します。化学物質、電磁波の影響はともかく、放射性物質の影響など、周りの理解は全く得られない状況です。単身で、孤独に避難された方たちの存在は、ほぼ世に知られていません。こうした避難希望の方は彼女だけ、ではなく、これからも増えていくものと思います。みなさんの中にもあるのではないでしょうか。もちろんがん、心臓病、白血病などの大病も含めて。
 
天皇家のように莫大な権限とカネがあれば、手厚い医療も避難もできるでしょう。しかしこうした健康被害者=生活困窮者です。
私は、事故を起こした責任だけではなく、こうした現在進行形の放射能被害とその責任をごまかす今日の天皇式典を許しません。全ての原発棄民政策を許しません。国家や天皇の責任とともに、健康被害を告発し、帰還政策から避難政策への転換を要求しましょう。
14時46分は関西電力前でダイインをします。
そして3月16日は首相官邸前の辺野古行動に行きます。
17日は昼からjr田町の「リーブラ」にて、チェルノブイリ法日本版の集会で発言をします。17時から17時半です。ぜひ、その時にお会いし、色々話し合いましょう!
2019年3月11日 ゴーウエスト・園良太

参加・賛同団体

参加・賛同団体(2019.3.7現在)

反戦反天皇制労働者ネットワーク、反天皇制運動連絡会、アジア連帯講座、「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会、天皇制を考える会・静岡、労働運動活動者評議会、派兵反対実行委員会、全関東単一労働組合改憲阻止!労働者・市民行動、ひょうたん島研究会、戦時下の現在を考える講座、終わりにしよう天皇制!「代替わり」反対ネットワーク(おわてんねっと)、関西単一労働組合、戦争と「日の丸・君が代」に反対する労働者連絡会・豊中北摂、「反戦・平和、熊毛」、労働者共闘、千葉学校労働者組合、福岡合同労働組合、静岡反戦,、警察の人権侵害を許さない会・三鷹

個人/3名

 

政府・東電・電力独占の責任を隠ぺいし、原発を推進する 「皇族出席の追悼式典」・一斉黙祷反対! 今こそ被害者・労働者と連帯し、加害責任の追及、原発廃止を! 3・11を反原発と責任追及の日に!

★集会

3月11日(月)12時~14時 

  場所:日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)

    (日比谷公園内 日比谷図書館地下1階)

  講演:「原発・国体・不安定労働~茨城の現場から~」

        藤田康元さん(戦時下の現在を考える講座)

  アピールあり

        資料代:500円 

★デモ(出発14時20分)

      集合:日比谷公園霞門

         経産省・電力会社抗議、東電申し入れなど (予定/約50分)

 

 今回講師の藤田康元さんには、「科学技術と核・軍事体制を問う」立場から原発事故・放射能汚染の実態と政府・東電のウソ、隠ぺいの実態を報告してもらうと共に、天皇制行事ー天皇制翼賛体制が被害者や住民にもたらすものについてお話し頂きたいと考えお願いしました。ぜひ集会&デモにご参加下さい。

 

3・11行動実行委員会

連絡先:Fax03(3446)9058 http://hantenhangenpatsu.hatenablog.com mail:han3_11@yahoo.co.jp

*「3・11行動」への参加・賛同をお願いします。